「コントラバス(ウッドベース)」たいせーの楽器①

楽器

バンドメンバーも少しずつですが集まって来てくれ、いよいよバンド活動再開です。やっぱ良いですね、今度スタジオでこの曲合わせよう!とかメンバーと話すのは。ますます自主練も楽しくなります♪

僕はベースプレイヤーで、メインで使うのはこの大きな楽器、コントラバスです。海外ではダブルベースやアップライトベースとも呼ばれています。(ウッドベースは和製英語)
国内4/4フルサイズ(海外3/4サイズ)で全長195cmくらい重量は15Kg以上、僕の身長が180cmでそれよりも大きく電車で運ぶのは本当に大変(ひとり人を抱えてる感じ)ですが、ボンボンという音と存在感が好きです。

このコントラバスは京都の松永弦楽器工房さんのハンドメイドで古い楽器ですが豊かな音で弾きやすい。奏法はピチカート(指弾き)がメインですが、アルコ(弓弾き)の時はフレンチボウを使っています(コントラバスはジャーマンボウが多い)
もっともっと練習して上手くなりたいし、いろんな人達といろんな曲を演奏するのがとても楽しみです。

大好きな(コントラバス )ベースプレイヤー&シンガー【Esperanza Spalding】

コメント